おなかすいたにゃ。
ママはボクに自分に名前も付けてくれなかった。
2、3日はママがおっぱいをくれた。
でも、餌を取りに出かけたきり、帰ってこなかった。
ボクはおなかが空いた~。我慢できにゃい。
外に出てみようかにゃ。
生まれて初めて外へ出た。
いい匂いがいっぱいする~。
でも、ママの匂いはどこだろう。
歩いているうちに、ボクの白い毛並みは泥で汚れてしまった。
そんなことよりおなかすいた~。
なにか食べ物がほしいにゃ。

目の前に現れたのは、白い手。
いきなり首をつかみあげられて、びっくりした。

「お前、どこから来たの?こんなに汚れて…。」
「にゃ~。」

綺麗な女の子だった。
温かい家に連れて行ってくれて、ご飯をもらった。
美味しいにゃ~。
幸せだにゃん。
ボクはおなかが一杯になるまで食べた。
げっぷが出た。

「けぷっ。」
「あらあら、食べ過ぎよ。もう少ししたら、体を洗おうね。」

女の子が言った。
洗うの?
何それ?
ボクはちゃんとなめなめしてるから、きれいだもん。

「にゃにゃ。」
「さあ、洗うわよ。大人しくしててね。」

ぬるいお湯を掛けられた。

にゃ~!怖いにゃ~。ママ、助けて~。

「にゃにゃにゃにゃにゃー。」

バタバタと暴れたけど、女の子は捕まえた手を放してくれなかった。

泡でごしごしされた。
いやにゃー!

「にゃー。」

泡はすぐ消えてしまった。
またお湯を掛けられた。
黒く汚れたお湯が流れて行った。

「みゃみゃ~。」

やめて~。
ボクはいやだって言ってるのに、女の子はまたあわあわで体を洗い始めた。

「にゃぁ~。にゃぁ~。」

やだ~。
でも今度は少し泡立った。
またお湯を掛けられる。

「くちゅん。」

くしゃみが出た。

「あらあら、風邪かしら?」

でも手を止めてくれない。
また泡でごしごしされた。
疲れて来たにゃ~。

「みゃー。」
「そうそう、おとなしくしてね。もうすぐ終わるから。」

お湯を掛けられた。
もう、流れた水はきれいだった。
ぶるぶるっとしよう。

ぶるぶる。

「きゃぁ!つめたっ!」

女の子にかかってしまった。

「もういいわ。一緒にお風呂に浸かりましょ。」
「にゃ?」

そんなにたくさんの水に浸かったらボクは死んじゃうにゃ。
怖いにゃ~。

「みゃみゃ~。」

女の子に捕まれて、お風呂に入った。
怖かったけど、女の子がちゃんと支えていてくれた。
ちょっとだけ怖くなくなった。

「ふにゃ~。」

おもわず気持ちよくて声が出た。

「ふふふっ、かわいい。お前の名前は?」
「みゃー。」

ないよ。

「無いのかな~。じゃあ、私がつけてもいい?」

「にゃ!」

いいよ。

「そうね~。白い毛並みに、左目がアクアマリンの水色、右目がトパーズの黄色ね。まるで花みたいね。
きめた、フローラよ。
お前の名前はフローラ!」

「にゃうん!」

気に入った。お花っていう意味だ。
あれ、ボクはなんでこんなこと知ってるのかにゃ?
女の子が驚いた顔をしてる。
なんでかにゃ?
あれ?
なんか体が大きくなったような?

「お前、ただの猫じゃなかったのね。」

女の子がしゃべった。
ん?
どういうことにゃ?

「どういうことにゃ?」

思ったことがそのまま口に出た。
あれ?ボクは喋れたっけ?

「フローラ、貴方は魔猫だったのね。私が名前を付けてしまったから、使い魔になってしまったの。」
「そうにゃの?」

でも、べつにこの子ならいいかにゃ~。

「君のにゃまえは?」
「私?私はアウレリア・フォルトナーよ。よろしくね。」

うん。アウレリアか。

「よろしくにゃ!」

お風呂から出て、タオルでいっぱいごしごしされた。
またぶるぶるしそうになったけど、アウレリアが冷たいって言うから我慢した。
ぼくは体中をなめなめして、毛並みも綺麗になった。
どや!
ってやるんだよね?

後でわかったけど、ボクは男の子だ。
フローラは女の子につける名前。
ボクが男の子だって分かったアウレリアは、すっごくたくさん謝ってくれたけど、綺麗な名前でボクは気に入ってるにゃ。


文月 蓮

2013年5月から「小説家になろう」、「ムーンライトノベルズ」様サイトにて執筆を始めました。 株式会社アルファポリス様ノーチェブックスより「間違えた出会い」「仕組まれた再会」「囚われの男装令嬢」を発売中です。 株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン様アンジェリカより「暁の魔術師は月に酔う」を発売中です。

error: Content is protected !!