アウレリアの家の庭には、池がある。
小さな金魚が泳いでいる。
太陽の光に照らされて、うろこがきらきらと光っている。
ボクはゆらゆらする影をみていると、どうしても我慢できにゃい。

ぱしっ!

金魚を獲ろうと、いつの間にか手が出ちゃう。

昨日はアウレリアに池の淵で金魚を狙っている所を見つかった。

「フローラ、だめよ。可哀そうじゃない。」
「にゃ~。」

いいじゃにゃいか。
ボクだって遊びたいんだ。

「おもちゃで遊んであげるから。」
「にゃ?」

遊ぶの?遊ぶの?
わーい。

アウレリアは棒の先に付けたリボンをふりふりして、遊んでくれた。
にょろにょろと動かされると、へびみたいでうずうずしちゃうのにゃ。
体をひくくして、見つからないようにする。後ろ脚がもぞもぞするけど、我慢なのにゃ。
ちょっとだけ止まったら、一気に仕留めるのにゃ!

ばしっ!

獲ったぞー!

「んにゃ、にゃご。」

せっかく獲ったのに動かなくなった。
あれ?
ボクが動きを止めると、アウレリアが素早くリボンを引っ張った。
ああっ!せっかく獲ったのに~。
でも、アウレリアはまたふりふりしてくれた。

ばしっ!

しゅるんと逃げられた。もう一回。

ばしっ!

やったー!
ボクは転げまわって、リボンをはぐはぐした。
うーん、美味しくにゃい~。

ぺってリボンを吐き出すと、アウレリアがまたふりふりしてくれる。
でも、そろそろ飽きて来たにゃ~。何かほかのものがないかにゃ~。
ボクは動かない。

「フローラ、もう遊ばないの?」

うん。

「にゃ~ん。」

ボクが遊ぶのを止めたら、アウレリアはどこかへ行っちゃった。
うーん。やっぱり金魚を捕まえたいにゃ~。
でも、今日はお庭へ行く扉が閉まってる。
明日こそ、捕まえてやる。


文月 蓮

2013年5月から「小説家になろう」、「ムーンライトノベルズ」様サイトにて執筆を始めました。 株式会社アルファポリス様ノーチェブックスより「間違えた出会い」「仕組まれた再会」「囚われの男装令嬢」を発売中です。 株式会社ハーパーコリンズ・ジャパン様アンジェリカより「暁の魔術師は月に酔う」を発売中です。

error: Content is protected !!